試料の必要量と採取方法

各種トレーサー分析に必要な試料量と採水方法は以下のとおりです。

トレーサー 必要量 採水方法
容器 注意点 難易度
SF6(六フッ化硫黄) 0.5 L×3本 専用ガラス瓶 空気混入、装置汚染防止
CFCs(フロン類) 水0.1L×2本 専用ガラス瓶 空気混入、装置汚染防止
トリチウム 1L ポリ瓶 特になし
トリチウム-ヘリウム 銅管×2 クランプ付銅管 空気混入
14C(DIC) 通常250 mL テクノボトル 満水採取
14C(DOC) 事前にご相談ください 事前にご相談ください 事前にご相談ください ☆☆☆
36Cl Clとして2mg以上 ポリ容器 人為塩分混入防止

SF6・CFCs・トリチウム-ヘリウム用の採取容器や採取装置は販売・レンタルを行っています。

Contact Us

株式会社地球科学研究所

Chikyu Kagaku Kenkyusho

 

phone  052(802)0703

 

email geoinfo@geolab.co.jp